専業主婦でもカードローンが作れるの!?

専業主婦は、毎月お金の管理をして大変ですよね。
収入が十分にあれば、生活に何も問題はありませんが、中々家計が安定しない…と言う家庭も少なくありません。
節約や貯金をしていても、急な出費は突然です!
そんな時も慌てずに対応できるのが、カードローンです。

 

カードローンは、必要な時に現金を借りることができ、とっても便利です。
一度作っておけば、提携ATM等でいつでも借りることができるので、家計の強い味方になってくれます。

 

カードローンは収入のない人は作れないと思われていますが、専業主婦で本人に収入がなくても、ご主人に安定した収入がある場合には作ることが可能です!

 

専業主婦なら銀行カードローンがおすすめ!

カードローンおうす

カードローンは、消費者金融や銀行で作ることが出来ます。
この二つの大きな違いは、総量規制の対象か、対象でないかです。

 

総量規制とは、借り過ぎを防ぐための法律で、専業主婦の場合には、申し込み時に夫の同意書や夫の収入証明書、婚姻証明書等が必要になります。
これだけの書類を用意するのは、とても大変ですし、もちろん、消費者金融側も審査に手間がかかるので、専業主婦の申し込みを断っている会社も多いです。

 

唯一、この総量規制の対象となっていないのが、銀行です。
銀行は、貸金業者ではないため、この法律は適応されません
つまり、銀行のカードローンでは、夫の同意書や収入証明書は必要にならないのです!

 

専業主婦の場合は、夫の収入等の情報を記入するだけで、カードローンを作ることができるのです♪
お金を借りたいと考えている専業主婦の方は、銀行のカードローンを検討してみましょう。

専業主婦がカードローンの影響は?

カードローン影響

 

カードローンを作った後の不安と言えば、その後のローンなどに影響するかどうかですよね。
家族が増えれば、マイホームや車を購入する機会もあり、改めてローンを組むことになるときもあります。

 

答えは、ローンに影響することはない!です。

 

例えカードローンで大きな金額を借入したとしても、その後ローンを組めなくなるなどの影響はありません。
安心してカードローンを利用してください。

 

 

 

ただし、影響がないのは、きちんと返済している場合に限ります
滞納が続いているなど、返済に問題がある場合は、マイナス点となり、ローンを組めなくなることがあります。
また、返済が終わっていない場合も、ローンが組めないことがあります。
滞りなく返済している場合、返済残額が残り少ない場合には、返済中でも新たなローンを組むことができるときがありますが、家計の負担も考え、新しいローンは現在のローンが終わってからをおすすめします。

 

夫のローンに影響ある?

専業主婦の方名義のカードローンの場合は、夫の組むローンに大きな影響を与えることはありません

 

夫がローンを申し込む場合、配偶者に借り入れがあるかどうかを答える欄がありますが、収入と照らし合わせて返済に支障のない額でしたら、新しいローンを問題なく組むことが出来ます。
もちろん、これも滞納など返済に問題がある場合を除きます

 

カードローンは借金です。
返済には、気をつけるようにしましょう!